スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
言うは易し

 何度も危機に陥る70代ギルハン 

さて、1.5倍も終わりいかがお過ごしでしょうか。



BLv77
期間中Lv4上がったことになる。もう少しは上げたかった…。
経験値も元に戻ったところで、再び狩場の考察をしなければならない。 "流れを作ろう" 忘れちゃいませんこの言葉。
まずは、現段階で狩りが成立する場所を巡ってみる。


 [解毒] Lv 1 使用可能 
 系列 : カード 
 装備 : アクセサリー 
 重量 : 1 

毎度毎度のカビ。人の居ない時間帯で、実際のところ効率的にどうなのかが疑問が残る。
相変わらず変な物をくださるこのMAP。既に何度も紹介しているので、これ以上の言葉を持たない狩場。
322248/30m


 Across the Nightmare 

続いてGD2。
1.5倍終了メンテ後。またも人が少ないので、事実上の狩りとは誤差が出そうだ。
やはりここで狩るには、攻撃力がまだまだ劣っている様だ。主食の馬に、400台のダメージを出しているのではおいしくいただけないだろう。
234362/30m


 渾身の平手打ち 

ピラ4。
第一の故郷とも呼べる地だ。オーラアチャ、転生前ハンタとお世話になりっぱなし。
Aマミを避けれないのが前提。想像はついていたが、イシスのクリティカルと箱のバラついた被ダメが痛い。マタのSB被弾0ではあったが、殲滅までの攻撃回数が多い。囲まれると非常に危ない。もはやAマミの被ダメなど論外だ。
292953/30m
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
[ 2006/06/30 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
形ある物

 クエストから材料まで 

表舞台をしっかりと支えているのが裏方。
今や彼無しでは、資金面の効率的なやり繰りはできない。そんな4th商人。
表舞台で華やかに舞っている間、彼は地道に耐えている。
今日も戦利品をきっちりと捌いて貰おうと、露店を出すのであったが…。
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/27 ] [ にっぽんのおとうちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
確信したはずの 第六感ハズレ
高Lv一次職集会に行ってきました。今回は龍乃城ダンジョン3F。


 振り向いてなどいられない 
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/24 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(1) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
闘う同胞
やってしまった…。
流石に4時は無理っしょーと言っていたのだが…。

KOEEEEEEEEEEEEEE
川口三本目もよく止めた!
稲本高い!高いよ!
だー!考える前に打て!とりあえず打っとけ!

現在こういった感じ…。
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/22 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
オンバルヅ、ザン、クヌ!

 LUK + 2 , 完全回避 + 1 
 系列 : カード 
 装備 : 鎧 
 重量 : 1 

何故…どうして…こんな物ばっかり出るんですか…。 orz
きっと偉いシーフの人のカード運を貰ったに違いない…。

早くペノメナC出してくれー!
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/21 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
時術

 しばらくそのままでお待ち下さい。 

こんばんは、ラグナロクオンライン運営チームです。
6月20日(火)定期メンテナンス以降、ラグナロクオンラインの
以下ワールドにおいて断続して発生しております接続障害について、
改善の為の緊急メンテナンスを行わせていただきます。

▼対象ワールド
Loki・Iris・Fenrir
Sara・Lydia・Baldur
Odin・Thor・Freya・Bijou

▼作業予定時刻
2006年6月21日 1:15~未定

なお、本メンテナンスは作業終了ワールドから、随時オープンをさせていただき、全ワールドが終了した時点で改めてご案内をさせていただきます。
メンテナンスの終了したワールドにはログインしていただいて問題ございません。
ユーザーの皆様に大変ご迷惑をおかけいたしますが、
データ保護の為メンテナンス開始時刻前に
ログアウトしていただけますようお願い申し上げます。
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/20 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
路上清掃員

 もったいないったらありゃしない 

経験値も1.5倍なら、Zenyも1.5倍と言ったところだろうか。

ドロップを拾う暇さえ無いお急ぎな方がいらっしゃる様で…。
そこら中に散らばっている収集品。ポポリンを叩くと山の様に出てくる収集品。ちゃっかり全て回収。重量50%超過しても気にしない。
気合で斧を捨てては拾い、拾っては捨てるの攻撃を繰り返していたあの頃を思い出す。例えそれがNPC売りされる様な物であっても、重量90%を超えていてもだ。


 いつの間にカードなんか… 
 ま、まさかこれは…。 
1.5hの狩りでこれだけ集まる。魔女の星の砂や食人植物の花が、高くで取引されている事から1.5倍では済まないだろう。





 タイミングが分かりません! 

Lvも上がり本日の狩りは有意義に終わる。


BLv75
目標のLv80まで岩石の矢がもちそうにない…
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/18 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
Naive Rave

意訳すると "バカ騒ぎ" とでもなるのだろうか。
辞書を手に取ってみるが今一分からず。恐らく口語であろうと脳内変換。




 /キョロキョロ 

いつもの様にカビを狩っていると、戦闘職ペアだ!とマスターが切り出す。
どこがええかの~と考えていると、別のギルメンが 生態1は? と。

中の人 : いやいやいやDOP避けれんし
中の人 : 流石にそれは無理g
マスタ : よし行こう
中の人 : えええええ!?
中の人 : まだそんなLvじゃないですよ!?
マスタ : シフとアチャ当たらないからヨロ
中の人 : ちょwww

不安いっぱいペナいっぱい。
そんな心境で生体1へと向かう中の人。
マスターはやる気いっぱい。




 マスターかっこいいよマスター 

いつも通りマスターには体を張ってもらう。頑張れマスター、お前が言い出しっぺだよ。
ここまで来ると、もはや公平狩りではない様な気がしてならない。単に引っ張って貰っているんじゃないだろうかと、心の内は複雑である。SCにハイドを仕込み万が一の備えをしている事から、ただの育成ではないのかとも…。
しかしながら、これが普通の転生二次後衛職であれば特に違和感のない立ち位置だ。
バカ騒ぎに間違いはないが、手放しでは喜べない。


 弓・矢を切り替えるとそこに姿はない 

途中DOPにも遭遇するが、そこは転生二次職の尋常ではないお力で切り抜ける。
狩りも終盤に差掛かった頃、リムーバーが溜まっているのを発見。そちらへ歩を進めると、どうやらセニアが混ざっていた様だ。
"やっぱレモンじゃSPもたなかった" と嘆きながら倒れるマスターであったが、実のところSCにレモンが入っていなかったというオチ。マスターが倒れ緊急避難をするも近付けそうにない。

ほーら一人じゃ何もできないじゃないか…

当前だ。BLv74の一次職が来る所ではない。
幸いマスターの周りからMobが散って行った為、起こすことが出来る。その後も少し狩りを続け、無謀とも思える今回の戦闘職ペアは幕を閉じる。
転がる事はなかったが、それも最大積載のマスターに感謝するべきであろう。
再びこの地へ足を踏み入れる際には、もっと役に立てる様なっていたいものだ。
[ 2006/06/16 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
独占の果て
仕事の後の程よい体のだるさ。狩る気になれません!
何だかんだ理由付けをして、いつもだれている気がするが…。
とまあそんな訳で、気軽に狩れるカビでも。


 最近暑いねー… 

あれ?誰も居ない?
1.5倍だってのに誰も居ない!?

見事に狩場独占。そこまで人気がないのだろうか。
一人優雅に狩りを進めるが、いつもより数が少ないような気がする…。

んーこりゃー罠か?
誰も居ないと見せかけて、誰か溜め込んでんのか!?

原因はすぐに判明する。先日のエントリーで触れた通り、誰も居ないとこの様な事態に陥ってしまう。テレポ狩りをしていると何故か絶対に飛ばない場所が存在し、そこに溜まっている事が多々見られる。
回転率が悪い…。


 撮影硬直後、瀕死に 

どこに溜まっているのか分からない。どんどん減っていくカビ。ようやく見つけると、10体程溜まっている状況に。
AS狂としては喜ばしい場面だが、流石にこの数相手は無理がある。そこで逃げ撃ちAS。誘導しながらある程度纏めておきASASAS。

DSの方が効率がいいだろう、なんて言わないで。浪漫なんですよ。
だって唯一の範囲攻撃なんですよ?ワシの目を9止め、ASを10にした意味がないじゃないですか!射程そんなにいらないしねー。



ここからは余談になる。
SP回復効率が絶望的仕様な頃、集中力向上9止め・AS10にしたオーラアチャの名残かもしれない。
亀パッチだったろうか。回復効率が上方修正されるとは夢にも思っていなかった。第一次スキルリセットが来るまで、キリの悪い数字に嘆いていたのを覚えている。
PT戦でMHを見つけてはやたらとASをして、Mob分散・タゲが全てこちらに来るなど迷惑をかけて怒られた事も度々あった。ブリッツビートが本当に羨ましかった。
今ではスパイス程度に、一発だけ放つ事が多い。
それでもAS連射したいのが本心だ。

[ 続きを読む ]
[ 2006/06/15 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
そわそわ

 憎悪が蠢いていそうな谷 

浮き足立つ今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
どうも狩りに身が入らない。と言うよりは、テンションがおかしい。
よく分からないテンションのまま、どこかおもしろそうな所はないものかと考える。以前メタリンを狩りに行った際、飽きてきたなーと隣のMAPを覗きに行った事を思い出す。WPをくぐると、何やら赤い人に襲われる。何だこいつは!?と興味が湧いてくるも、危険な香りがしたので即退散。

よし赤い人だ



リヒタルゼンフィールド 03 赤い人の必要回避187


 クックル先生とウォーリーの共演 

見れば見るほど笑いが込み上げてくる。これ何てウォーリー?
異常なテンションには、もってこいの狩場?

配置Mobのバランスが悪い。
Fleeが丁度187と特に辛くはない。赤い槍の人のスキルが、ちょっと痛いかなー程度。MAPの構造上、徒歩での索敵はストレスを感じる。更に輪をかけて、個体数が少ない感じが。溜まっている所には結構な数を見る事ができ、死角を付いていく様な感じだろうか。正に "ウォーリーを探せ" である。ここではテレポ狩りになりそうだ。個体数の少なさ故、引っ張っている人もいるので注意した方がいいだろう。
赤い割には然程強くなく、経験値もそこそこある。1.5倍という事もあり、赤い人のBEXPは3198となる。テレポ狩りで次々と倒すと、やはり上がるのが早い。期間中通い詰めれば結構上がるだろう。

[ 続きを読む ]
[ 2006/06/14 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
芋目掛けて一直線!

 抗真菌薬の矢 
 系列 : 矢 攻撃 : 50 
 重量 : 0.5 属性 : 劇薬 

GD2へ逃げた。単に飽きたからであり、効率はカビの方が優秀である。常に一定経験値が入り、安定した数を狩ることができるからだ。

yuno_fild12 に帰ってきました。上記の通り狩りの対象となる経験値が一定な為、不特定多数なGD2より安定した狩りが臨める。
何よりこの期間を有効に利用しなければならない。同じ事を考える人は多い様で、どこへ行っても供給が少なかったみたいですね。
この地は穴場なのか人気がないのか、過剰な供給不足に悩まされることなくサクサク狩り続ける事ができました。逆に狩場独占となると回転率が悪く、数人同MAPに居た方が策敵効率も上がるというもの。おかげでいつも以上の効率を出すことが出来ました。



一区切りついたので帰還。周りを見渡すと1.5倍からだろうか、PT戦が目立つ。
せっかくの祭りムードだと言うのに、一人黙々と狩り。何かおもしろくない。
一人不貞腐れていると、あてが外れたマスターがフリーな模様。

時代は戦闘職ペア!


 カートブーストとか、せこいですよ! 

パサナが実装されてからというもの、SDに近寄ることが無くなりました。通常攻撃もさることながら、クリティカルが痛い…。普段足を伸ばす事のない、高Atkオンパレードな狩場。
当然接近戦は死へと繋がる。マスターを前衛として、後ろからの援護射撃。前衛とは言え転職をしたばかりである。すぐに黒くなるHPバーが気になる。規模は小さいと言えど、所々に溜まっているMobから放たれる高Atk攻撃。こちらの判断ミスと、メッセ自爆で転がるマスター。
AIもそこそこな様で、なすっただけでは離れてくれない。95%回避を満たない状況下で、交戦中に横沸き。Mobを抑えることも、許容範囲を超えている前衛になすることもできない。どんどん減り続けるHP。
…パタリ。


BLv74
1.5倍が終わった後のギャップが怖い
[ 2006/06/13 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
男ならやってやれだ!

 負け犬なんかじゃないさ 
 お前は立派な負け男だ 

皆さんお元気でしょうか?
この度は…
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/11 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(2) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
時代は戦闘職ペア
なかなか支援とペアを組めない頃に、妬みを込めて皮肉った迷言である。


 狙って撮ったわけじゃないからね! 
 ごめんね!俺達だけかっこよくて! 
                 ニヤリ 

上のSSは見難いかもしれないが、JTをお見舞いされている我等がマスター。



転生を迎えJ50転職に燃えるマスター。早くホワイトスミスに転職したい模様。
だが、彼を待ち受けているのは - Bad End 05 - である。(身内ネタでごめん)
そんな終焉を迎える事とは知らないマスターと、ペアでGD2に行ってきました。


 ちゃんと活躍してるとこも撮っておきましたよ 

馬に必中しないとのことで、馬はこっち任せに。マスターはと言うと、相当の回復剤を積んでのカートぶん回し狩り。
しばらくして、満足しないのか3F行こうよと言い出すマスター。

(´・ω・) さっき魔剣に斬られてたのになー…。

無謀とは分かっていても、後で後悔することを知っていても、死ぬなんて有り得ないなんて思っていても、祭り好きな中の人は二つ返事で快諾。
装備が2F用なので、一旦戻り3F用に変えてくることに。戻ってくると何かを発見。裏で和訳をしているはずのギルメンが、3FWP裏で待機している。どうやらギルチャを見て追って来たようだ。



肉パワーで肉壁を試みるマスター。それを援護射撃する弓手。白Pバリアならぬ肉バリア。壮絶な光景だ。
正直ギルメンのスナイパーがいなければ、ペナ祭りで終わっていただろう。中規模なMHに次々と#を撃ち込んでいく。負けじとASを放つもダメージ差は明らか。

Lv差そんなにないのにな、存在意義あるのかな…
これがスナイパーの力か

決壊することもなく熱い闘いを繰り広げ、今回の戦闘職PTは幕を閉じる。
ダメージ差は仕方のないことであり、何より自分で選んだ道だ。スナイパーの威力が凄まじいことも重々承知している。気になどしている場合ではない。
この道は地平線の彼方まで続いている。
[ 続きを読む ]
[ 2006/06/09 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(2) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
病は気から、眠気は惰性から

 いるもの 

ふ、朝日が眩しいぜ。HAHAHA




 …頑張れー!負けんなー!! 
 ちかーらのー限りー生きてーやれぇー… 
              ちか~らのぉ~… 

昨日の惨事によって引き起こされたデスペナ。経験値はこういった感じ。
もう絶対あんなとこに行きはしまい。元々、床の配色が殺人的であまり好きじゃない。一度気になりだすともうダメ。ポップ感でも出そうとしているのか?視覚が一番大事なんだからやめようよ。

最近低迷していたモチベーション。あの惨事で更に下降すると思いきや、幸運なことに持ち直す出来事が。と言って特に何があった訳でもない。一つ言えることは、某偉い人に感謝している。それだけだ。
"病は気から"とはよく言ったものだ。キャラスペックにばかり惑わされ、転生したとは言え1%の比重がまだまだ軽いことを忘れていた。
そんな訳で、気合でLvを上げてしまうことに。



相変わらずのキャラスペック。だがもう気にしない。気にしても仕方ない。
狩りの内容は割愛。

1時間で約10%上がる。
計算してみると、366633.3/h

366kっていい方なの?90台の効率が染付いていて、完全に感覚が麻痺している。
1時間10%、開始が60%。たっぷり4時間…。休みでもないのに気合入れすぎたかな…。


BLv72
歩みを止めている場合ではない。

[ 続きを読む ]
[ 2006/06/08 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
静 と 動

 構図にちょっと満足 

Lv上げが辛い。
オーラアチャはどうやってこの状況を打破していたのだろうか…。

あの頃は狩りに行ける場所が多かったような気がする。いや、今でも狩れる場所はあるだろう。思い起こせば、Lvに応じた狩場をローテーションしていた。
一箇所に留まる水はやがて濁る。流れを作ろう。
まずはおもちゃ工場からだ!




 この本数は絶対無理だから 
気合の49%積載。
鉄矢7299本。

やったるどおおお!
狩り切ったるどお!
嵐がなんじゃい!
ぶっ壊したる!

異常な程のやる気。
何時間かかるのか。



 >嵐がなんじゃい! 
 さて 

ん?


 >嵐がなんじゃい! 
 それは 

おお!?


 >嵐がなんじゃい! 
 どうかな? 

所要時間10分。
[ 2006/06/07 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
ただいま

 ママー布団どこー? 
 え?干しっぱなし? 

ギルメンとアユタヤに行ってきました。故郷とも言えるこの地で転がる、これも本望だ…?




 LAあっても1.3k… 
ボスを除いた必要Fleeは200。支援込みのFleeが194。またしても僅かに届かず。
今度は、充分なFleeを確保しようと上げ続けたAgiが裏目になる。置き去りにされたDexでは、満足なダメージが出ない。ま、それ以前にこのLvで来るとこじゃあないよね。
厳しい闘いを強いられることとなった。更にはクラベンに必中しないという情けなさ。例のアレの存在意義に喜んでる場合ではない。


 本家エクソシズム 

引っ張りまわしてのテレポ狩りが主流になっているこの狩場で、普通に歩き回っていては敵には出会えない。邪魔なクラベンが溜まっている程度だ。
ハンター時代の経験を活かし、死角のみを狙う。弓のみでの殲滅が難しい場合は、MEをぶっ放して貰う。プリに向かう全てのタゲをASでかわしつつ殲滅、策敵が続いた。そして、始めの画像となるわけである。


それにしても、キャラスペックと経験値加重が割に合わない……。
[ 2006/06/06 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
絶賛降下中
萎えてきた。
気分転換にオーラアチャで久しぶりに生体でも行こう。

アルデバランに着くとアユタヤな人達に会いました。どこか行くようなので、こっそり着いて行くことに。生体装備のままで。




    ∩___∩ 
    | ノ      ヽ 
   /  ●   ● | 
   |    ( _●_)  ミ 
  彡、   |∪|  、`\ 
 / __  ヽノ /´>  ) 

以前は、新規MAPが追加されるとすぐに観光に行ってました。それも、この地"龍之城"がアップデートされた頃辺りから機会が減ってきましたね。
と言う訳で、洛陽ダンジョンは初めて。残すは、BADと職業限定試験場にアリーナ(某監獄ではないです、勿論そこも未経験ですが)かな。


 メンバーのハンターはSB即死でした… 

今まで足を踏み入れる機会を伺ってはいたものの、どうもソロで行けるか分からず躊躇していた。
後衛という役柄、直接ダメージを受けることは少ない。後ろからチビチビ撃ちながらメンバーの被ダメを見ていると、やはりソロで来るには無理がありそう。熊のスタンにヒェグンのSB、ミョグェやチュンイーも痛そう。高HPのMobに囲まれながら攻撃を耐え抜く術が、このアチャにはあるのだろうか…。


 ちゃんとCA○○OMに使用許諾頂きましたか? 

盾が持てないのは大きい。持てたとしてもスタンに弱い。

…S=D>A=Vスイッチアチャ?
…D>A=V>Sスイッチアチャ?
…D>S>A>Vスイッチアチャ?
いやいやいや、そこまでする価値ないだろ。
[ 2006/06/05 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
逃避行

 微妙なアングルですね 

もうカビなんて狩ってられません。次の狩場へ移行する為に、Flee188まで狩り続ける気でいました。が、いよいよもって飽きました。残すところ4で限界が来たようです。
Flee対策に伸ばし続けたAgiも80となり、ここらで一旦寝かせておくことに。となるとLvを上げるしかない。Lvを4上げるには、もうしばらく狩ることになるだろう。


だが、そんなことはもう知りません。



狩り中に回復目的の休憩を挟むことは好きじゃない。少ないSPをやりくりしながら、メリハリのあるスキル攻撃。これがプレイスタイルだ。
一時期、DS師にゴリ押しな印象を持っていてあまり好きではなかった。今思えばただの妬みだ。だが、DS師を作ろうとは思わない。下方修正もそうだが、スキル連打で強いのは当たり前。状況に応じてスキルを使い、あくまでも通常攻撃で攻める。このスタイルは未だ変わらない。


上記を踏まえてのGD2。Fleeに不安が残る今回の挑戦はどういった結果となるのか。


 例のアレですよ、アレ 

少々厳しいが、何とか狩りが成立。休憩を挟むこともなく、次々と策敵することができた。だが殲滅速度が遅いことで横沸きが多く、一周するのに時間がかかる。仮に休憩を要する事態になった場合、苦しいことになるだろう。

ここへ来てしまった以上、引き返すことはもうできない。次の逃避行は、かなりの時間が必要となりそうだ。

[ 2006/06/04 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。