スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
三等星

 俺だって呼んだ覚えはないっ! 

それは、ちょっとした私用で頂いたWisから始まった。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
[ 2006/08/30 ] [ にっぽんのおねえちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(1) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]

 活動資金は50k 

めったに動かすことのなかったローグ。所持金が全てを物語っている。
最近はと言うと、稼働率が上がりその存在意義もはっきりとしてきた。
だが、これではどこへも行けない。

資金の受け渡しをお願いしようにも、時刻は明け方に差掛かろうとしている。当然ギルメンや知り合いなどいるはずがない。仕方なく、南に誰か信用できそうな知り合いがいないか探しに行くと、前ギルドのギルメンがいるではないか。早速受け渡しをお願いして、以後雑談モードに。
話を進めていると、どうやらハイアチャと組めるようなので拉致することに。狩場を考えるのが面倒な時間帯だったので、サクッと亀行きを決行。




 紫陽花と 女心と 俺のタゲ 

残念ながらギルドは変わってしまったが、そこは長い付き合い。気兼ねすることなく狩りを進行させることができた。
油断しすぎたのか、おかしな動きが多い。昔から無駄な動きが多いのは、未だもって変わらず…。


 Vit槍でもやれってことですか、そうですか… 

無駄な動きが多い根源となるもの、それはタゲクリックだ。
実は中の人はタゲクリックが、どうしたんだと言うぐらい苦手なのである。プレイヤースキル以前の問題だ…。
何も無い所をクリックすることが結構ある。MHが多くアイテムがバラバラと散らばるような狩場では、そのアイテムに引っ張られることもしばしば。そのまま前衛より前に出てしまい、更なるMHを呼び込んでしまう。手動でのコントロールロックを行わないと、明後日の方向へ一人歩き出して行く。


BLv80 EXP 4,795,117/9,570,662
どこへ行こうというのだろうか…。
[ 2006/08/28 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
構わず消えてくれ

 信じた瞬間裏切った 

[ 続きを読む ]
[ 2006/08/26 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(4) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
アンタに笑顔を持って来た

 こんなモン呼んだ覚えはない 

[ 続きを読む ]
[ 2006/08/25 ] [ にっぽんのおねえちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
ごぶさたっ!

 ぼーけ ぼーけ 待ーちぼけ 

二週間ぶりの狩り。
久しぶりの狩りに以前のように感覚を忘れていないか不安であったが、どうやら取越し苦労だった。


 消し炭になるがいい! 

鉱山ダンジョン1F
特に語るような内容でもない狩り。
強いて言うならば、爆裂化での被弾がなくHPに余裕のある狩りができた。約1kの被弾が続くとHPの管理が辛くなる。爆裂状態での被弾の有無で左右されるだろう。
もう一点注意しておきたいのが、そこら中にばら撒かれているクレイモア。MAPの構造上非常に見づらい為、気付かないうちに踏んでいる。



鉱山ダンジョンにも飽きが見え出してくる。

よし赤い人だ


 イナバウアーに失敗した図 

何度見ても吹き出してしまうこの方々。
やはり個体数が少なく、歩いていてはなかなか見つからない。どうも群れる事が好きな様で、単体で姿を見ることが少ない。一体見つけるとワラワラと寄って来る。笑い死にさせるつもりですかっ!


 うざ 

で…
存在意義がよく分からないこの方。
3ドットの癖にHitもFleeも妙に高く、群がる赤い人と共に更に群がってくる見えない敵。ボッコボコにタコにされ、鬱陶しい事この上ない。
どうせなら集合体にでもなって、もっと経験値をよこせってんだ。


BLv80 EXP 3,349,732/9,570,662
意外とまだ上がる
[ 2006/08/23 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ PR ] 月額1500円で出会えるチャット
久しぶりに狩りでもしようと、装備を整えていると…


 万能薬。 
  万能薬? 

炎の矢筒が一個しかない。
何とも出だし不調。


 60個 

せっせと矢筒を作り


 地味に役立つディスカウントベルト 

ついでに炎の矢を30k本買って


 おやすみっ! 

物資補給で疲れたから狩りはまた今度ね。
[ 2006/08/20 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(1) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
その手に在るもの
最近?仕事してますよ。
RO?露店出してますよ。
アチャ?動かしてないですよ。

ええ、仕事忙しくて帰ったらクタクタ。
帰ったら露店のチェック、寝る前に商品補充して、起きて露店チェック、仕事行く前に商品補充して、(以下ループ)




 絶対に譲れないもの 

何をするにしても必要なのは装備。
もはやトレードマークになってしまっている、リボンとグラサン、そしてクロスボウ。
ネタもない事なので、その由縁たる物を今回は語ろうと思う。




 あの彼は多分騎士だったはず… 

リボン
初めてこの地に舞い降り、右も左も分からない状況だったあの日。拡張前フェイヨンの南に位置する橋で、一人たたずんでいる人がいた。今にも飛び降りそうなシチュエーションを勝手に作り、この世界での記念すべき第一声を掛ける。

やめろ!早まるんじゃない!

当然ショックエモが返ってくる。
その後 "いやー初心者なんですよー" などと会話を交えていた。そして去り際に、彼はリボンを差し出してくれる。あの時リボンを貰わなければ、今頃ゴーグル辺りを装備していただろう。
突出している点と言えばMDef+3ぐらいだが、この装備は結構気に入っている。スロットなしの高Def装備や特殊な付加がある装備など、利用したい状況は山ほどある。しかし、リボンを捨てることができない。リボンを捨てることは、存在すらも否定しているようでならないからだ。
とは言え、最近では戦闘以外の雑談時に赤いリボンを装備している事が多い。ポニーテールによく似合うんですよこれが。




 あのお方に言われたんですよ、あのお方に… 

グラサン
顔が可愛くない!と言われたのが原因。
どんなに否定しても "可愛くない!可愛くない!可愛くない!" と、しつこかったので目を隠してみる。

ちょっとかっこいいかも…。

何とも単純な理由からである。
暗闇耐性5%。地味に役立っているんだろうか…。




 カプラ横にいた♀商人だったかなー… 

クロスボウ
特化武器は全てクロスボウで集めている。
何でクロスボウで集めたんだろうかと後悔する事もしばしばあるが、今更感でいっぱい。

初めて手にした精錬武器がクロスボウだった。フェイヨンの露店で買った+6S2クロスボウが始まり。店売り品という事もあって、お値段は控えめ。カード?何それ?な頃でしたね。
せっかく買った精錬武器、カードでも挿そうと出来上がったのが+6サハリックフレームクロスボウ。妙な弓が完成しました。それでも中の人は、それはもう喜んで喜んで。この弓一本であちこち狩りに行ってたんだなー…。

さて、このクロスボウ。攻撃面で多少劣る点はあるものの、注目したいのが重量。角弓やアーバレストと比べてその差は10~20程でしかないが、10~20の重量を属性矢で換算すると50本~100本になる。それを2本3本と持つと差は大きく広がってくる。どんなに攻撃力が優れていても、肝心の矢が無ければ攻撃すらできない。
今となっては矢筒が実装され重量対策が楽になったとは言え、やはり所持限界量がシビアなのに変わりはない。重量が上位弓と比べて軽い事で、最大4本を持っての狩りも可能にしてくれる。
やはりこの装備も捨てきれない。



特に何も考えてないんだけどね。

[ 2006/08/12 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
神頼み
ここ一週間程ログインしない、もしくはログインしても何もしない状況が続いていました。
仕事から来る疲れもありましたが、BLv80になった途端にやる気が削がれましたね。
サガフロなんてやってましたよ、ええ。




 軟らかくて低Atkな 
 BEXP5000ぐらいの敵が実装されますように… 

何とかモチベーションが上がりますように…


 これ何て火サス? 

お参りも終わったところで、ついでに妖怪退治。神聖なる地を汚す不届き者を射抜いていく。

天津フィールド
敵の絶対数が少なくこのLvではぬるい。適正Lvではない限りマッタリとした狩りが続き、モチベーションが上がるどころの話ではない。
神様には申し訳ないが、荒廃したまま我慢してもらうことに。



必要経験値と狩場Lvに伴わないステータス。
狩場を調べながら南で落ちていると、拾う神あり。


 拾ってくれてありがとう 
 いや本当にありがとう 

現状で限界と思われる亀地上へ。
Vit支援と言う事で、色々絡まれると "なする" と言った戦闘に。

VitであろうがDexであろうが、問答無用でタゲを取っていた時期があった。見ていて不安だったからだろう。DexならともかくVitのタゲまで取っていては、相手を信用していない事になる。何より支援に大きな負担が掛かる。だがそれは長い間一次職をやってきた動きであり、自らが生き残る苦肉の策でもあった。支援に転がって貰っては成す術がないからだ。どこまでも支援に依存している証拠である。
しかし、これはやはり間違っているだろう。お互い無駄な消費が生まれ、効率が落ちる上に精神衛生上宜しくない。

DS・AS・CA持てるスキルを最大限に活かし、生き残る術を模索しながらの狩り。効率も大事だが、転がらない事が最優先だ。
一気に群がるMobをCA連打で剥がし、DSで息の根を止める。勿論その先に誰も居ない事が前提条件。

1h程の狩りで約6%の上昇。経験値に直すと二人で約1.15Mと言ったところ。一人当たり500k/hで満足してくれるのだろうか…。一次職のスペックの低さから、自らの効率より相手の効率が気がかりになる。転がることもなく無事に終えたので良しとしておきたいのだが。

狩り後の雑談で、亀地上で転がらなかったのは初めてと聞かされ上記の悩みは一気に晴れた。
だが、どうしても二次職の高効率と比較してしまう。2M・3Mとまでは行かなくとも、並の効率程度は叩き出したいものである。


BLv80 EXP997,436/9,570,662
ぜっんぜん上がらない。
[ 続きを読む ]
[ 2006/08/08 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。