スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
ハードル
狩りに気乗りがしない。
こういった場合、受身と云うのは都合のいい選択肢である。

落)99アチャ 81アチャ 86弓ログ 68ID装備△聖

しばらくボーっとしていると入室音が鳴り響く。
オーラアチャが拾われた様子。

さー困った、落としてみたはいいもののペアでの狩場が思い当たらない。以前は騎士団ペアなどよくしていたのだが、今の騎士団でやっていける自信がない。更には騎士団で逃げられた苦い記憶もある。そんなトラウマに縛られながら苦笑いをしていると、"城2どうでしょうか?" と投げかけられる。

(;´Д`) ししし、城2すか

えーっとちょっと待てよ、城2はー…。うん、PTではよく行くね。えー…ペア…?数える程なら経験あるけど、散々だったような…?トリオならまだ自信あるかな。そう言えば、殴りプリ1 Wiz1 アチャ1 とかだったよな…。あの時、確か俺は前衛だったよな…。何回転がったっけ…。

しばらく頭を抱え、出した結論が

ゆ、ゆっくりなら何とかなるかもしれません…。


 93ハイプリ 
 プレッシャーが圧し掛かる 

不安だらけのまま、城2へと赴く。
条件付で合意した城2、その条件はと言うと。

・SPに持久力が無い為、通常攻撃がメイン
・SPが枯渇した場合、休憩が必要
・前張る自信ありません!
・突っ込まない!!


 インティミ卑怯でカコワルイ 

中途半端なLukが幸いしてかグロがあると結構クリが出るなど、通常攻撃でも慎重に進めば何とかなりそうな感じはある。SPも必要以上にスキルを使わなければ、やたら枯渇することも少ない。
何とか狩りが成立はしていたが、時間帯のおかげであるだろう。これがゴールデンタイムであれば、他のPTの巻き添えを食らいかねない。いずれにしても、ギリギリ感は拭えないのである。

矢も少なくなり、事故死は何とか間逃れたかに思えた。
だが、タダでは帰らせないとばかりに、中規模なMHに見舞われお互い転がってしまう。
非常に悔しい終結を向かえ、狩りは終了。

城ペア練習してみようかしら。
スポンサーサイト
[ 2006/10/29 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(3) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
Army Ant
獅子へも牙を剥くそれの様に、果敢に挑む一次職達の物語。


 いやー与ダメ200とかでしたわ 

高Lv一次職集会
今回はコモド西洞窟へと行ってきました。
いつも通りの途中参加となり、テレポ捜索での合流。

掛けられた第一声が、"これでタオも倒せるね"
冗談じゃありません、遠距離からのSP吸収にスタン攻撃。会いたくもない。
それにしても懐かしいですね、アユで追い回されたあの顔面岩…。


 後ろからチビチビと 

懐かしんでいると、応えるかのように現れた顔面岩。やっぱりこうなるのね。

必死に食らいつく前衛を、何度も何度も蹴散らす顔面岩。金剛で耐える偉いスーパーノービスの人。課せられたペナルティーが大きすぎる剣士の人。Agiの運命とばかりに何度も倒れる偉いシーフの人。それを "どうせオーラだし" と問答無用で何度も起こす中の人。
どうにか交戦状態を保ってはいたが、それも時間の問題。やがて耐えきれなくなり後衛と流れ一時退却。再び状況を立て直し、当たって砕けろの精神で挑む。


 おめでとっ! 


そして見事MVPをこの手に!
偉いスーパーノービスの人が。
あれだけ耐えていたのだから、当然の報酬と言えよう。

余談だが、スーパーノービスも一度転職を経ている。
一次職と同じ位置付けでいいのではないだろうか。
[ 2006/10/28 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(1) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
羊羹を貪り喰う者

 緑茶日和 

どうも最近、大型パッチ初日に縁がないらしい。
例によって、四日程家をあけていました。

さて、帰宅後ログインするとオーディン神殿に行くとのことで着いて行きました。
観光程度だったので簡単に。


 グリムうざいね 

スコグル結構痛いなーなんて他人事の様に思いながら3Fへ。
闇Mobは切り抜ける事はできるのだが、問題はやっぱり "ようかん" なんですね。
ボス指定とあって、CAもアンクルも意味を成さない。前衛が転がってしまうとあまりにも無力。
テレポしたプリと合流しようにも、"ようかん" やらヴァルキリーやらが群がってくる。


     _, ._ 
   ( ・w・) 
    ○={=}〇, 
    |:::::::::\, ', ´ 
 .wwし w`(.@),,,,,wwwwwwww 

もう草刈でいいよ。


BLv81 EXP 9,293,565/10,458,427
経験値は確かにおいしい。
でも倒せなきゃ意味ないよね。
[ 2006/10/27 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
成し得なかった夢の産物

 さぼり 

仕事から帰ると、ギルメンが何やらどこへ行こうかと相談していた。
挨拶もそこそこに、ジュピジュピ叫んでいました。
ジュピ大好きなんです、保安区域のあの臨場感が。


 誰か3F行かない? 

残念ながら3Fへ行くには人が足りない。1Fで雰囲気だけでも楽しむことに。
属性が、無・水・風と非情にやっかい。それぞれ矢を持って行ってもいいのだが、あのMHにそこまで対応できるとも思えない。ジュピ用の矢、カースアロー一本で勝負を挑むことに。

かつて最強の後衛を目指していた頃があった。
それは攻撃面ではなく、あくまでも後衛としての補助的な動き。
CAでのタゲコントロール、これを極めるはずだった。
だがそれも、己のPSの無さに愕然とし打砕かれた。

カースアロー
狙い通り呪いになれば、後衛・支援に張り付いたMobをCA→呪いで剥がす事ができる。CAのライン上に前衛を乗せ、Bdsに巻き込めれば上等。そこまでの計算はできなくとも、前衛にタゲが移ればそれでよし。軌道に乗せる為に数歩引いてのCAとなるが、ここで別のタゲを貰いがちになるのが難点。ついでにそのタゲも前衛へと送り込む。だからと言って、全てのタゲを渡してしまっては前衛の許容を超えてしまう。状況判断を怠ってはいけない。

な~んにも考えてませんでしたけどね。


BLv81 EXP 9,248,016/10,458,427
久しぶりのタゲコントロールでした。
[ 2006/10/22 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(1) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
ねーどうすんのこれ?

 これさえあればっ! 
[ 続きを読む ]
[ 2006/10/21 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
聖職者は能天気

 道楽プリースト 

ん?誰ですか?
あーそう言えばこんな事もしてましたね。

何とかJ50を達成し、久しぶりのプリを実感。
ハイアチャに資金を全て注ぎ込みたいので、装備は無いに等しい。
適当なステやスキル、後に後悔すること受け合い。深く考えてません。
内々で支援できればいいなー程度ですね。

さてそんなプリ。
久しぶりに作ったのはいいが、動きがダメすぎ。
ギルメンにご教授して頂こうとお願いすると、何だか妙な展開に。


 悪魔め!退きなさい! 

プリ5リンカー2で行くゲフェニアの旅。
武器は、神への祈り。それをリンカーが最大限に力を発揮する。


 命だけはお助け下さい! 

犠牲者が数名出るも、何とかなるのが神に仕える者達。
燃費悪いけど。
[ 2006/10/20 ] [ にっぽんのおじいちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
ネタ婚はお腹いっぱいです
前Gの方々と、また少し交流する機会が増えた今日この頃。
南で偶然出合った前Gの方に、求婚と云う名の適当な交流を済ませ、せっかくだから狩りへ行こうと云う流れに。


 ぬゎぁ~ずぅぇ~ 

ハイプリ ME ハイアチャ、ピラ地下。勿論公平PT。
当初はGD3はどうだろうかと云う意見も出ていたが、オーソドックスでつまらない。せっかくのME、もっとド派手にいきたいところである。迷惑の掛からない範囲で。


nPro契約前のピラ地下は、中身のいらっしゃらない方々でいっぱいだった。
当時はまだ転生はしておらず、いたる所にMHができていた。それをソロで、慎重に進みながら潰していく。何ともスリルのある狩り。
MHのど真ん中に青箱が落ちていることもあり、それを気合で拾いに行くと云うバカげた事も。
ま、居ないに越した事はありません。


そう云った方々も姿を消し、あのMHにはもう出会えないだろうと思っていた。
予想通りMHの規模と数は少なかったが、そこそこ溜まっている場所を見つけることが出来る。
弓と矢の持ち変えが激しく、何だか疲労感漂う狩りとなった。


BLv81 EXP 7,637,437/10,458,427
楽しめない狩りでは、Lvは上がらない…
[ 2006/10/19 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
負け 負け 負け
10/16


 改めて仲間っていいなーと思う 

久方ぶりのまともな狩り。
と、言ってもギルハンなのだが。


 強くなりたいね… 

蜃気楼も終わり、何やらやる事がなくなってしまったようだ。
とは言え、勿論Lvは上げたい。タナトスへ行くとのことでくっついて行きました。

どうにも存在意義を感じることができない。
だが、それではただ吸っているだけになってしまう。やれる事をできる範囲で努める。



10/17


 リビオ嫌い… 

一度想いを綴ってみたものの…。
やはり止めておきます。

METUEEEEEEEEEEEEとだけ言っておきます。


BLv81 EXP 7,087,917/10,458,427
ありがとう
[ 2006/10/17 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
そして幻へ

 おーっとここは…? 
[ 続きを読む ]
[ 2006/10/16 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
月に照らされし塔
蜃気楼の塔、いいとこまでは行くんですいいとこまで。
いいとこまで来て時間オーバー。蒸発するよりかはマシなのかも…。


 途中で見なくなった… 

仕事前に昼の部、仕事から飛んで帰って深夜の部。最近はこんな感じですね。
昼の部は当たり前だが、どうしても人が少ない。オーラアチャでクリアできる事があれば、ハイアチャで臨み経験値を稼ごうと目論んでいる。だがクリアの可能性が低い昼の部は、ハイアチャで行っても問題なさそうな気がする。ただ万が一の事を考えると、少しでも生き残る望みを残しておきたいのもまた事実。さてはて…。



普段持ち歩くことのないそれを手に、狩場へと向かう。
刺激のない狩りに、スパイスを加えようとしたわけでもない。ただの気まぐれ。


 カボチャ 1 個獲得 

タイツでも盗めないかなー
青箱!青箱!

淡い期待をするも、やはり所詮は低SP。Dexが高かろうともスキルLvは1。失敗ばかりが続き、SPを無駄にするだけ。スキルLvを補う何かがあればいいのだが、残念ながら双方共に欠けている。
本業の路上清掃に勤しむ他はなさそうだ。


BLv81 EXP 5,571,794/10,458,427
そろそろ己を縛る何かが必要なのかも知れない。
[ 2006/10/13 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
哀しみの塔

 西の小部屋にて 
2006年10月12日13時26分07秒─
俺は学者達がその謎に挑んでいると云う蜃気楼の塔5Fにいた。
その身に何が起ころうとしているかも知らずに…。




昼の部とあって、流石に参加者はいつもの半分程度。
確実に各階で姿を消していく参加者達…。
4Fでは既に10数名となってしまっていた。
そして5FへのWPへと足を踏み出す。


 ボスケテwww 

中央から現れたMob達の視線は、小さな集団へと向けられていた。
とんでもないMHに襲われ、俺はその場を一度引いた。しかし何体かのMobはそれを見逃してはおらず、逃がしはしないと俺に迫り来る。それらを必死にCAで剥がしつつ小部屋へ駆け込んだ。
静かだ。すぐそこに狂気が潜んでいるとは思えぬほどの静寂が俺を包む。ふと冷静になり恐怖が更に大きくなる。

もしかすると俺は一人じゃないのか?
俺一人で何ができるってんだ!

既にPTMどころか人の気配が消えてしまっている。
すると電撃を放つ音が少しずつ近づいてくる。


 持ってて良かった風鎧 

梟だ
ニヤついた顔でLBを詠唱している。

こんな所で死んでたまるかああああああああ!

弓を矢を必死でその手に取り、俺は目の前の脅威に立ち向かう。
更には鰐、魔族、二体の梟が続けざまに襲い来る。

ゼェハァ

息も切れ切れだ。もうダメなのかもしれない。
そう覚悟を決めたところで、かん高い鳴き声と黒い巨大な塊がこちらに迫っているのに気がついた。

深淵の騎士

体の傷が増していく事も分からず必死に食らいつく。
だが、馬が地を思い切り蹴り上げ何かが頭上から迫ってくるのを最後に俺の意識は途絶えた…。



一人でどうしろとw
時間もないし文才もありません。
三文小説にお付き合い頂きありがとうございました。
[ 2006/10/12 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
42.195km
蜃気楼の塔、ホントいいとこまで行ったんです。
あと一歩だったんです、それなのに嗚呼それなのに…。



三度目のアチャ育成。狩場はもうお決まりのパターン。
ピラ4オンラインもまた然り。流石に嫌気到来。


 便利な体ですね 

ニブルヘイム秘境の村
デュラハン以外避けれるし何とかなるだろ、と軽い気持ちで乗り込む。
結果から言ってしまうと、やはりと言うか何と言うかきつい。避けれないデュラハンを甘く見ていたようで、防御無視攻撃を完全に忘れていた。どうにかこうにか持ち直したHPを嘲笑うかのように、1000ダメの血柱が宙を舞う。
転がる前に帰還。賢明だ。




 調子こいて転がったなんて言えない 

追い込みに何度手を掛けただろうサンドマン。


 GD2も飽き飽きしてるんだけどね 

逃避行を選ぶも、ちょっとしんどかったGD2。
いつの間にか何とかやっていけそうなGD2。

中の人にとってこのGD2は、狩る気力がなくてもダラダラと適当にやっていける手頃な場所。
しばらく拠点をこちらに移しましょうかね。


BLv81 EXP 5,201,270/10,458,427
先の見えぬどこまでも続く真っ直ぐな道。
その目に映しだすのは、前も後ろも地平線。
[ 2006/10/11 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
その背中が語るもの
蜃気楼の塔、やはり10Fの第三段階が攻略できず。
小部屋へ突っ込むタイミングが分かりません。

仕事も然ることながら、蜃気楼の塔に時間を費やしている今日この頃。
そんな合間を縫って、そろそろハイアチャへ戻ろうと僅かでも経験値を稼ぐ。
経験値が1でも上昇した日には、なるべく成長記とばかりに更新しようと考えている。
そんな今回のエントリーは二日分…。



10/6(金)


 騎士団はまだ来るべき所ではないのかも 

策敵がメインとなる騎士団。
溜まっている箇所がチラホラと。


 馬鹿力に支えられているのもまた事実 

そんなMHに、Mobの頭上から放たれるブランディッシュスピア。
非転生騎士でも習得できるこのスキル。あまり意識していないので、違いはよく分からない。だが転生後では新たに、戦闘補助スキルとして "オーラブレイド" や "コンセントレイション" を併せ持っている。



10/7(土)
更に強力なMob達が群れを成し襲い来る城。


 周知の事実となっているLA確殺 

雨の如く降り注ぐ9本の矢、アローバルカン。
最大1200%もの力を発揮する、もはや矢とは思えぬ力技。



ただの妬みなのかもしれない。だがやはりどうしても転生二次職の馬鹿力には、うなずけない物がある。曰く、辛き長き道を耐え抜いた正当な報酬。
そしてまた想像を超えた職が実装されようとしている。
乗り越えるべき壁などなく。


BLv81 EXP 4,935,443/10,458,427
"何このクリックゲー" とは過言なのだろうか。
しかしそう言いながらも、依存しているのもまた事実。
[ 2006/10/07 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
にいちゃん、何で蛍すぐ死んでしまうん?
蜃気楼の塔へ、初めて足を踏み入れてきました。
中で有志を募り、目的は違えどその歩を共にするPT。
中の人の目的は、経験値でもなければアリーナPでもない。ただ生き残るのみ。
チキン走法で最上階を目指せ!


 何が何やら… 

1F
最強の敵は、大量の受信パケット。ここで既に重くて重くて、エフェクトなんて付けてられません。攻撃すらままならない状況では楽しさ半減。
まだ本当の恐ろしさを知らない。


 何かもうえらいことに… 

8F
塔に慣れている者が、常に周囲に呼びかける。
おかげでギリギリのところで、隊列を組んだ大量のタナトス天使から逃れる。
逃れることができぬ者は、一瞬で蒸発するだろう…。

なるべく隅へ、なるべく人の居る方へ、WPは最後に潜る。
チキン走法絶好調?


 正に最後の砦 

最上階

第一段階
南の小部屋へ猛ダッシュ。
小部屋から少しずつ釣ってくると云う闘いが一番安定しているようだ。
少しずつMobを殲滅、前へ前へと慎重に進む。

第二段階
第一段階の小部屋釣りを終え、中央での戦闘。
あまりよく覚えてはいないが、中央から流れて来るので必然的に隅へと追いやられる。抑えもできない大量のMobを抱えるより、隅で確実に撃破することが望ましいのかもしれない。

第三段階
小部屋から大量のMobが中央へと流れ込んでくる。前述の戦法では少しずつ前へ出る形となるので、必然的に四つ角での戦闘となる。四方の小部屋から流れ込んで来るMob達。第二段階で隅へと追いやられた者達。両側から迫り来る猛攻に、成す術もなく大勢の参加者が蒸発していく。中の人も大魔法らしきものに、転がることしか出来なかった。


にいちゃん、何で蛍すぐ死んでしまうん?
節子、兄ちゃんはなチキンなんや
[ 続きを読む ]
[ 2006/10/04 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
レシートすごろく

 レシートの 紙切れ一つと ススキかな 

レシートすごろくとは?
何年か前に某TV番組でやっていた企画。
まず目的地を決め、某所からスタート。街行く人を呼び止め、財布の中に入っているレシートに記載されている住所へ行く。それを繰り返し何人目で目的地に辿り着くかと云うもの。



今行きたい所、もしくは行こうとしている所はありますか?


 行ったことないんすか!? 

目的地 : ピラミッドダンジョン地上4F
ルール : ポタ・空間移動・テレポ・蝶・ハエの使用厳禁。徒歩のみ。
転がった場合はセーブポイントから、再び誰かに尋ねる。
ルートは自力可能なMAPを選択。
自力不可能な場合は、周りに人が居ない時に限りハイド。


 例え何があろうとも! 

はりきって行ってみよう!

■■■■■
■■□プ.■
兄□□■伊
■■■■■

OD
初めて目にするオークベビー、しばらく観察しながらの到着。
いざ内部へ侵入、第一村人発見!
"今行きたい所、もしくは行こうとしている所はありますか?"


 え? 

"アビスとかヴェスパーとかかなぁ"

ちょwww
いきなり難関じゃないですかっ!

しかしこれは自分で決めたルール。行かないわけにはいかない。
イヤイヤながらアビスを目指すことに…。

×××棚××
××■■□竜
××■■□■
■×■■□■
アア.■■□□
■■■×ル時
×××××□
×□□□□□
■□■■■■
□ゲ■■■■
ブ.■■■■プ
□兄■■■■
■■■■■■

(;´Д`) ゼーハー
西兄貴では廃兄貴に絡まれ瀕死になり、ミストレスMAPではすぐ近くで何本かの光の柱が見え焦る。そしてどうにか目的MAPまで辿り着く。あとは入口まで無事に行けるよう祈るばかりだ。


 例え何があろうとも…。 

無理。


BLv81 EXP 3,965,499/10,458,427
企画倒れ。
[ 続きを読む ]
[ 2006/10/02 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(3) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。