スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
プロローグ
ふと思うことがある。何故こんなことをしているんだろう?ディスプレイの中で闘っているキャラクターを見つめながら、何度自問自答したことだろうか。

一次職が好きだから?
いや、それは違うだろう。本当に一次職が好きならハンターなど育てず、別の一次職を育てていただろう。



今からさかのぼること4年半前。β2 10月某日、Sara鯖ができてまだ間もない頃だ。
初心者修練場で職業診断を受け、どういう根拠なのかアーチャーだと断言される。言われるがままにアーチャーを目指すこととなった。色々な職業がある中、アーチャーの上位職であるハンターに目がいく。その目線は頭上で舞っている鷹。当時鷹師が流行っていたこともあり、あちこちで鷹師になるにはどうすればいいか尋ねていた。そう当初は鷹をガンガン飛ばすつもりでいて、まさかそのままの姿でベースカンストするとは夢にも思っていなかった。


 にっぽんのおかあちゃん (欲望と衝動の狭間) 
 パートは用心棒 [路上清掃員][生涯アチャ] 
鷹師を目指していた名残で、見事に中途半端になってしまったLuk。カンストできなかったDexが本当に悔しい。中途半端なLukが幸いしてか、ヨーヨークリップで完全回避率が12となりオーラまでは随分とお世話になった。最後までクリップ挿しを使っていた理由は、少ないSPの底上げをする為だ。オーラ後は失う物は何も無いので、ニンブルクリップとなりこのようなステになる。実は終盤に一度、この中途半端になっているLukを何とか活かせない物かとも考えたがそのままにしておいた。
中途半端なのも自分らしくて愛着がもてるから…。



では何故そのままの姿でオーラになったのか?
記憶というのは実に曖昧な物である。考え出すと何説でも出てくる。今回は記憶の糸をたぐりにたぐり寄せて、一番有力な説を話そう。

Jカンストさせた理由は、J40で転職できるけどJ50まで上げることができるよと教えられた点と、J40となりちょっとだけ上がっている経験値がもったいないからと云った点である。JがカンストしたのはFD4。経緯は忘れたが、実はソヒーの壁をして貰っていた最中だった。普通ならばここですぐ転職のはずだが、まだ時間があったようなのでそのままダラダラとベースを上げさせてもらっていた。
転職の機会を逃した最初の分かれ道である。

既にJもカンストしていつでも転職できる状態だったが、中の人は満足していなかった。以前プロンテラフィールドで見かけたあのマシンガンアーチャー…。彼のようにならなくては…。
そんな想いを胸に秘め狩りに勤しむ日々が続いたある日。以前臨時を共にした弓手に出会う。そんな彼の第一声は、まだアチャやってたの?転職しなよアチャ弱いよ。この一言に怒りを覚え、絶対転職しねーと固く決意する。
生涯アーチャーの幕が開いた瞬間だった。



オーラアーチャーは、序盤壁の依存度が高かった。1stということもあってか壁の認識が低かった。壁についてどうこう言うつもりはないが、ハイアーチャーだけは壁などさせたくない。そんなもので高Lv一次職を名乗っても意味を成さない。1stアーチャーは高Lv一次職として誇れるのかどうか疑問だ。
そんなキャラでも愛着はしっかりとある。このキャラがROの全てであり、ROそのものだった。そしてオーラになった途端拍子抜けしてしまい、目標を完全に見失ってしまった。新たな目標を見出すも、今はただダラダラと余生を過ごしている。



何故こんなことをしているんだろう?
おかあちゃんが好きだったから…。




 ステ振るのが怖くて怖くて… 

そんなオーラアーチャーの生涯を引き継ぎ、ハイアーチャーのステが決まる。未だ完成させたことのない完全二極。転生ボーナスの100Pを有効に利用しつつ、完全二極を目指す。またLukに誤爆しないよう祈るばかりだ。




 他職なら転生前一次職でも挫折しそう 

オーラアーチャーの意志を継ぎ、新たな挑戦へのスタートラインに立ったばかりだ。
スポンサーサイト
[ 2006/05/16 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(2) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ しばらくお待ち下さい。でお楽しみ下さい。 ] [ トップページ ] [ 日進月歩 ]
コメント
それぞれの歩む道とでも言いましょうか。
このエントリーにも記してある通り、私は未だダラダラと浸かっています。
そしてこの世界を離れた方々。

あれから何年経ったでしょうか。
再び引くに引けない地点まで歩みを進めてしまいました。
その日がいつになるか想像もつきませんが、更に前へと歩くしかないようです。

私の事をご存知だったんですね、光栄です。
貴方の分身は今でも私の志であり、他の同志達の夢でもあります。
最後まで貫き通せるよう、影で見守ってやって下さい。

コメントありがとうございます。
[ 2007/12/28 06:46 ]
にっぽんのおかあちゃん #- [ 編集 ]
あなたの存在はずっと前から知っていましたが
blogがあったとは知りませんでした。

chaosにはあなたと同年8月に生まれた
同じ容姿のエターナルが居ました。
同じ容姿のローグさんも。
何年も前に世界を去った身ですが
やはり感じるものがあります…。
うちの子はサングラスは掛けませんけどね。
[ 2007/12/27 23:36 ]
ミルフィ #Uyub3mwc [ 編集 ]
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/20-0f40345f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。