スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
時代は戦闘職ペア
なかなか支援とペアを組めない頃に、妬みを込めて皮肉った迷言である。


 狙って撮ったわけじゃないからね! 
 ごめんね!俺達だけかっこよくて! 
                 ニヤリ 

上のSSは見難いかもしれないが、JTをお見舞いされている我等がマスター。



転生を迎えJ50転職に燃えるマスター。早くホワイトスミスに転職したい模様。
だが、彼を待ち受けているのは - Bad End 05 - である。(身内ネタでごめん)
そんな終焉を迎える事とは知らないマスターと、ペアでGD2に行ってきました。


 ちゃんと活躍してるとこも撮っておきましたよ 

馬に必中しないとのことで、馬はこっち任せに。マスターはと言うと、相当の回復剤を積んでのカートぶん回し狩り。
しばらくして、満足しないのか3F行こうよと言い出すマスター。

(´・ω・) さっき魔剣に斬られてたのになー…。

無謀とは分かっていても、後で後悔することを知っていても、死ぬなんて有り得ないなんて思っていても、祭り好きな中の人は二つ返事で快諾。
装備が2F用なので、一旦戻り3F用に変えてくることに。戻ってくると何かを発見。裏で和訳をしているはずのギルメンが、3FWP裏で待機している。どうやらギルチャを見て追って来たようだ。



肉パワーで肉壁を試みるマスター。それを援護射撃する弓手。白Pバリアならぬ肉バリア。壮絶な光景だ。
正直ギルメンのスナイパーがいなければ、ペナ祭りで終わっていただろう。中規模なMHに次々と#を撃ち込んでいく。負けじとASを放つもダメージ差は明らか。

Lv差そんなにないのにな、存在意義あるのかな…
これがスナイパーの力か

決壊することもなく熱い闘いを繰り広げ、今回の戦闘職PTは幕を閉じる。
ダメージ差は仕方のないことであり、何より自分で選んだ道だ。スナイパーの威力が凄まじいことも重々承知している。気になどしている場合ではない。
この道は地平線の彼方まで続いている。



   - Bad End 02 - 
 ~ 道を誤った商人 ~ 

これはいいドワーフですね。
スポンサーサイト
[ 2006/06/09 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(2) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ 男ならやってやれだ! ] [ トップページ ] [ 病は気から、眠気は惰性から ]
コメント
そりゃ勿論、生体3でしょう
入れればの話だけど
[ 2006/06/12 03:32 ]
にっぽんのおかあちゃん #- [ 編集 ]
狙っただろ( ゚Д゚)
次のデスペナ祭はどこがいいかね(ニヤリ
[ 2006/06/10 12:55 ]
π #sIEhBGfs [ 編集 ]
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/33-5f1cac5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。