スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
プレに逢えた

 破壊的なキック力を誇る 

と言うわけで会ってきました。転生前嫌と言うほどタムランを狩り続けたのに、早くもタムランなしでは生きてはいけない体に。常連ソロ軍団通しPTを組んで各自散開、会話を交えながらの狩りが懐かしい。
さて、このお話はまたあとで。



昨日、ギルメンのMEプリが転生。何故かもう公平が組めるまでのLvに。Lv25から畳オンラインだったようで…。
公平組めるなら崑崙にでも行こう、と言うことになり行ってきました。


 ウンゴリアントで光った青い人 

色々と不安を抱えながらも狩りを始める。そんな不安をよそに、順調に狩りが続き結構いけることが判明。転職前Lvではネックとされているパピヨンも、被ダメージは大きいものの死に至るほどではなかった。

SPをCで底上げしているとは言え、しっかり管理しているつもりでもSPカツカツ状態が続く。やはり今のSPでは、常時集中力向上とFADSはまだまだきつい。既に1stオーラアーチャーのSPを超えているが、どうやらハンターの癖が抜け切れていない。早く勘を取り戻さないと、このままでは辛いことになりそう。



崑崙ペアも終わり、やって来たのは冒頭で紹介したプレのいるアユタヤ。
もちろんタムランなんて狩れません。今回の狙いはリーフキャットとビートル。
いつものようにソロ育成仕様の、ヒール以外のスキルは一切使わずの回復89%積み。


 この先ウータンあり 

リーフキャットのJ経験値の多さに感激しながらも、ウータンファイターに嫌悪感を抱く。避けれないのを前提で来ているとは言え、あまりにも回復剤の減るペースが早すぎる。しばらく狩ってはみるものの、やはり被ダメージの多さが目立つ。

狩りにならん…

後ろ髪を引かれる思いで退散。狩場を移す。



やって来たのはアサシンギルドのあるマップ。
サンドマンの生息数が最も多い、追い込みでお世話になる場所。


 囲まれると回復連打状態 

ここでもFleeが足りない為、回復剤に頼りざるを得ない。一発の被ダメージは痛くないが、回避できないので連続して食らう。580積んだミルクも45分程でなくなってしまう。何とか必死に狩り続けるも、回復剤がなければ狩りにならない。

ここに来て消耗戦にも限界が見え始めてきた。狩場を移しがちなのもそれが原因だろう。
多大な回復剤を投入して、短い1セットを何回も繰り返せばLvは上がるだろう。だが、いつまでもそんな狩り方をしていては資金が底を尽きてしまう。何より狩りそのものが苦しくなる。自分には向かないスタイルである。
そろそろ安定した狩場を見つける頃なのかもしれない。

BLv57 JLv41
ようやく地平線の彼方に光が見えてきた。



 これはいいタイミングですね 

おまけ
スポンサーサイト
[ 2006/04/14 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ きっと楽しいこと あるハズ。 ] [ トップページ ] [ プレに逢いたい ]
コメント
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/6-75ad8774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。