スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
きっと楽しいこと あるハズ。
- だがLvは上がらない -

本日の狩りも終わり、ちょっと疲れ気味。なかなか思うような狩場が見つからない。まだこのLvで萎えていては、この先辛いだろう。
しばらくプロンテラ南でぼーっとしていると、三年来の知り合いが何やら話しているのを目にする。何となく声を掛けてみた。
始めは狩場どこがいいかなーと話しているうちに、昔話へと。


 和 

初めて会ったのは、記憶が正しければフェイヨンダンジョン。4Fにコミュニティの場があり活気付いていた頃だ。いつも同じ顔ぶれで狩りよりも会話メインという、今となっては考えられないぐらいまったりとしていた空間。1stアーチャーがJカンストしたのもあそこだった。時限ナイトなる者も存在し、今では懐かしく感じる。
そんな時出合ったのが弓手だった彼女。ROを始めてまだ数ヶ月しか経っていない俺は、知った口を利いていたような気がする。印象深い名前で、この三年忘れたことはない。
あそこでできた知り合いは多い。ミョルニール廃鉱も例外ではない。

ゲフェン地下ダンジョン1Fにダスティネスがいた頃。低Lvソロでは足を踏み入れることのできなかった地。臨時で前衛の剣士が、予想を超えたポイズンスポアを連れてきて倒れたのを微かに覚えている。次はどこから来るのか、次はどれを倒せばいいのか、ダスティネスはまだ危ないから叩いたらダメ。常にドキドキしていた。
中Lvになり何とかソロで立ち回れるようになってからもお世話になった場所。
今のあそこで狩ることはないだろう。

そしてジュピロスの話題へとなる。
紋章を集め台座にセットするジュピロス保安区域。突如出現するガードマン。ふいをつかれて倒れるPTメンバー。油断できない状況と、リアルタイムに繰り広げられる臨場感。リヒタルゼンダンジョン3Fもそうだが、協力し合い各々の戦力が尊重される闘い。テンションも上がり転がっても笑える狩り。
何故ジュピロスが楽しかったか?
もちろん新たに追加されたダンジョンということもあるだろう。
狩りに自分の存在意義を見出すことができ、次はどうなる!?といったドキドキ。そう初心者の頃、見るもの全てが新鮮だったあの想いに似ている。

いつ実装されるか分からないけど、タナトスタワーも凄そうだし今だっておもしろい事はたくさんあるよ

きっと楽しいこと あるハズ。

祭り好きの彼女は楽しそうに語ってくれた。
昔話をすると元気になれる。


本日の狩り。
昨日公平を組んだギルメンとパンク狩り。かつての時計を追い出され、安定してパンクを狩ることはできなかったがここなら問題ない。


 向こう岸って結構溜まるのかも? 

生息Mobは、パンク・ジオグラファー・ポポリンと非常に狩りやすい。マップが狭く人も少なかったので、ちょっと探すだけで2、3体の群れに遭遇することができる。途中ジオグラファーを狩ることもでき、Fleeさえ満たしていれば今後ソロの育成に役立ちそうなマップ。ネックは人が今後増えるであろうということ。タゲの被り合いになりそうだ。
混んでいる崑崙より上がるのが早い。必死にパンクを探し回り次々と撃破。1hちょいでB100%以上の稼ぎ。人が増えないうちにここで上げておきたいところ。



ペアも終わりもう一度ソロでパンクに挑みたいところではあるが、Dexを上げすぎた為避けれず。Agi修正が容易ではない。
消耗戦にも限界が見えてきたので、安定した狩場探し。


 スキルレベル 2 

まずはゴブリン森。
フィールドの割に沸きはいいのだが、森だけあって素直に歩き回れない。群れていることが多くテレポ狩りの方がダレてこないだろう。単体での被ダメは何てことないが、群れていると恐ろしいほどHPを削られる。
経験値の上がりも悪くない。でもここで狩るならオークダンジョンの方がいいかな。

BLv58 JLv42
狩場探しはまだまだ続きそうだ。




 次は凍結かスタン 

おまけ
スポンサーサイト
[ 2006/04/15 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(2) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ 己の首を絞めた弓手 ] [ トップページ ] [ プレに逢えた ]
コメント
>>某毛の人。

長い闘いになると思うけど、あの日の想いを胸にどうにかこうにかやっていきたいかな

今度はこっちが聞いてやる番だからなっ!
覚えてやがれ

[ 2006/04/18 19:18 ]
にっぽんのおかあちゃん #- [ 編集 ]
どうも毛です。

コメントを残すことをあまりしないおいらです。

気張らず のんびり
いつでも どこでも

笑えること 泣けること 腹の立つこと
時が立つのも忘れるような楽しいときも
退屈な時間の積み重ねも
また出会ったときの土産話になるに違いない。

またおいらの充電にお付き合いいただければ幸い。

ホントごちそうさま(*´∀`)

[ 2006/04/17 10:22 ]
某毛の人。 #EBUSheBA [ 編集 ]
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/7-864ce1ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。