スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
己の首を絞めた弓手
Dex振り過ぎたなー…
Lv76でFlee200とか…

Hitのことばかり頭にあり、Fleeを完全に忘れていた。これからますますソロ狩りが増えると言うのに、これはどうしたものか…。そんなことを考えながら日課になった臨時探し。まだこのLvなら拾ってもらえる…。臨時を見つけチャットに滑り込む。


 それでも結構稼がせて頂きました 

今回はなんと、ちょっと不安に駆られる構成でのゲフェニアダンジョン1(GD3)
今回の構成では、前衛の許容量に正直辛いものがあった。前衛の許容量と支援に張り付くMob。それらを叩き倒しタゲを取りつつ少ないSPの管理を行う。SP回復剤などない。かなりきつい戦闘を強いられることとなった。何とか全滅することなく無事に終わる。
今回得たものはDexを振り過ぎたのが幸か不幸か、ハンターフライにも必中することが分かったこと。ホントもうDex上げすぎ…。



しばらくしてからギルメンと狩りに行くことに。そうウンゴリアントで光ったあの人。昨日に続きパンクを狩ってもいいのだが、それでは芸がないと思い今回はアマツダンジョン地下戦場跡(天津2)へ。


 いい油が取れそう… 

もちろん狙いは大口蛙。銃奇兵はニューマ、大口蛙のタゲは自分持ちでサクサクと狩れていく。硬いホロンも、インベナムで毒化しておくことで難なくクリア。お互い転生しているとは言え、ここでのペアが成立することに驚き。流石長い間プリーストをやっていることはある。的確な支援と補助攻撃。
更に驚いたのが前方にカブキ忍者が見えた時である。

タゲ持つからDS連打で

Lv52のアコライトが、ネックとされているカブキ忍者のタゲを持つと言うのである。彼のDefは知らないが、ガチガチに固めていない限り普通やらないのではないか。
言われるままにDSを次々と放つ。ヒール連打で攻撃を耐え、カブキ忍者は沈んでいった。もう何も恐れるものはない。だがここにはもう一つの強敵、一旦木綿がいる。出くわさないように祈りながら狩りを続ける。

こんな狭いMAPで出くわさないわけがない!

どうしようか考えながら逃げ惑う二人。逃げる先には策敵中のプリースト…。なするわけにいかないので死ぬ思いで交戦。どう見ても必死な二人に立ち止まりヒールを飛ばす。何とか死なずに倒すことができた。途中ディフェンダーをされ、与ダメージが激減。あのプリーストに支援して貰わなければ死んでいただろう。その後も順調に狩りは進み本日終了。


BLv59 JLv42
ソロでの安定した狩場は見つからないが、このペアが一番楽しい今日この頃。

スポンサーサイト
[ 2006/04/16 ] [ にっぽんのおばあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ 短き命とならんのか ] [ トップページ ] [ きっと楽しいこと あるハズ。 ]
コメント
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/8-0c9ced25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。