スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] [ スポンサー広告 ]
[ メール ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
そして幻へ

 おーっとここは…? 



 予選開始 

突如現れたそれは、天をも突き人々を惹きつける様にそびえ立っていた。
"蜃気楼の塔" と呼ばれるそれに大勢の冒険者達がその謎に挑む。


 こんなSSしかなくてごめんよ 

そして様々な出会いがあった。
いつしか姿を見せなくなった、Lv93純支援アコライト。


 一次職であろうが立派な戦力 

ふと現れたLv88商人。
偉いスーパーノービスの人達や偉いシーフの人もまた、この塔を駆け上っていた。


 身の安全すら危ぶまれる強大なラグ 

そんな姿を目で追いながら、身動きが取れないでいる事や


 前衛ってホンット偉大だよね 

凄まじい数の強敵を前に、共に手を取り合う事もあった。


 ごめんなさい、この人生きてましたw 

時折、姿だけ残し既に闘気が消え去っている者や


 どうしろと 

多くの屍を越えながら、絶望に打ちひしがれる者達がいた。


 いやあああああああああああああああ 

あろう事か、全くの一人で乗り越えなければならない哀しみもあった。


 同志よ、生き残ってくれ 

そんな苦難を乗り越えて


 天上への階段 

希望と云う名の、扉の先にあった物は


 みんなありがとう 

仲間達の笑顔だった。


そんな笑顔を見渡してふと思う。
この一体感が、この結束力が、この仲間意識が、この塔のように幻のまま消えてしまわないことを。
スポンサーサイト
[ 2006/10/16 ] [ にっぽんのおかあちゃん ]
[ コメント(0) ] [ メール ] [ トラックバック(0) ] [ 上 ] [ 家 ] [ 下 ]
[ 負け 負け 負け ] [ トップページ ] [ 月に照らされし塔 ]
コメント
コメントの投稿 ※ 一部のホストを規制中








管理者にだけ表示を許可する

メールフォーム ※ お急ぎの方はこちらから









全項目必須です

トラックバック ※ 一部のホストを規制中
トラックバックURL
http://likeaporing.blog60.fc2.com/tb.php/91-73a2c2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[ トップページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。